/

この記事は会員限定です

サウジ原油調整金上げ 1月積み、中国の需要増

[有料会員限定]

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコはアジアに輸出する原油の2021年1月積みの調整金を全油種で引き上げ、日本の石油会社に通知した。主要な油種は指標価格に対し4カ月ぶりに割り増しを適用する。中国など主要輸入国の需要の伸びを見込んだ。

代表油種「アラビアンライト」は1バレル0.30ドルの割り増しとし、20年12月積みから0.8ドル引き上げる。軽質の「エキストラライト」も同額引き上げ0.1ドル割...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り378文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン