/

この記事は会員限定です

20年のサンマ水揚げ量、過去最低 19年比3割減

不漁なお継続か 卸値、高級魚並みに

[有料会員限定]

全国さんま棒受網漁業協同組合(東京・港)は6日、2020年のサンマ水揚げ量が過去最低の2万9千トンだったと発表した。半世紀ぶり不漁だった19年から3割減った。資源減少に加え、国際的な漁獲量管理も進展がなく、不漁はしばらく続く見通しだ。豊洲市場(東京・江東)の卸値は19年比3~5割高い過去最高値を付け、すっかり高級魚になってしまった。

統計が残る1961年以来、最低の漁獲量だった。08年には34万ト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン