/

この記事は会員限定です

電力先物、日本で激戦 CMEが上場、3市場体制に

[有料会員限定]

米国シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループは8日、日本の電力先物を上場した。電力取引が自由化されたアジア最大の日本市場を対象に、現物の価格リスクを抑えるデリバティブ(金融派生商品)需要を掘り起こす。今冬の電力価格高騰で先物への関心が高まる中、先行する日欧の取引所を巻き込んで市場間競争が激化する。

電力先物は将来の電気を一定の価格で売買する約束をし、現物などとの差額を決済するデリバティブの一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1342文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン