/

この記事は会員限定です

赤身肉人気、あか牛復調

健康志向追い風、高知は独自格付け

[有料会員限定]

あか牛とも呼ばれるサシ(白い脂身)が少ない赤身肉が特徴の和牛、褐毛和種の生産が回復している。直近の飼養頭数は9年ぶりの高水準となった。消費者の健康志向を追い風に、産地が生産維持に奮闘している。高知県では独自の格付け基準を設けるなど赤身肉の評価向上を目指す。

サシがきれいに入った霜降りの黒毛和牛ブームにおされ、褐毛和種の生産は長らく縮小傾向にあった。近年は適度なサシの赤身肉が胃にもたれにくいと注目さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1349文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン