/

この記事は会員限定です

ワクチン輸送・保管、頼るは冷凍マグロ技術

[有料会員限定]

8日から英国で始まった新型コロナウイルスのワクチン接種。年内にも米国が続き、日本でも2020年度内の開始を目指す。だが、米ファイザー製のワクチンはセ氏マイナス70度で輸送・保管する必要がある。海外から運び込む日本が頼るかもしれないのがマグロを冷凍する技術といえば、驚くだろうか。

米冷凍機器メーカーのサーモキングはこのほど、ワクチンを輸送できる冷凍コンテナを開発したと明らかにした。実はこのコンテナ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り239文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン