/

この記事は会員限定です

銅建値、過去最高値を更新 米中景気期待で国際相場高

[有料会員限定]

国内の銅地金が16日、過去最高値を更新した。JX金属は同日、銅の国内相対取引の目安となる建値を3万円引き上げ、1トン106万円とした。いち早くコロナ禍から回復した中国の需要に加え、米国の経済回復への期待による国際相場の上昇を反映させた。これまでの最高値は2007年5月上旬の105万円だった。

銅建値はJX金属が銅地金を需要家に販売する際の目安として使われる。銅建値の上げ幅を参考にして、国内の銅スク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン