/

この記事は会員限定です

レジ袋3円は高いか 有料化が生んだ「ゴミ袋」新市場

[有料会員限定]

「袋はご入り用ですか」。7月に始まったレジ袋の有料化で、小売店のレジでは店員のこうした声がけが日常となった。1枚3円ほどの袋を辞退するのは4人に3人。それでも、家庭内でのレジ袋の二次利用の需要は根強く、「とって付きポリ袋」がその代替需要を満たしている。

ドラッグストアやホームセンターの一角にあるゴミ袋を並べた棚。この半年の間に売れ筋商品に飛躍したのが、「とって付きポリ袋」。店舗によっては入り口の近...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1765文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン