/

この記事は会員限定です

コメ販路、自ら開拓 輸出も先物も積極活用 

新潟の木津みずほ生産組合

[有料会員限定]

消費の減少が加速し、需要の喚起が課題になっている日本の主食、コメ。最大産地の新潟県で、生産者による独自の販路開拓を進め、経営を安定させてきたのが農事組合法人の木津みずほ生産組合(新潟市)だ。JAグループやコメ卸に極力頼らず、消費者への直売や輸出に取り組む。価格下落のリスクは、先物市場を活用してヘッジする。地域で農地の集積に取り組み、効率化を追求している。

同社は1986年に設立された。50ヘクター...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1058文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン