/

この記事は会員限定です

生鮮卸市場、再び試練 緊急事態宣言の再発令に備え急ぐ

豊洲・大田市場、取引継続へ対策 需要減の重荷も 

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で7日にも緊急事態宣言が発令されるのを前に、生鮮食品を取り扱う卸売市場が対策を強化している。消毒など感染対策を徹底した上で日常生活のインフラとして取引は続ける。再発令で外食を中心に生鮮需要はさらに冷え込みそうで、市場関係者は身構えている。

東京都中央卸売市場の豊洲市場(東京・江東)は感染拡大対策を徹底する。市場関係者で感染者が相次いだことを受け、2020年12月中旬まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1442文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン