/

この記事は会員限定です

中東産プロパン、1年ぶり高値

1月積み、暖房用需要の増加で

[有料会員限定]

サウジアラビアの国営石油会社、サウジアラムコは液化石油ガス(LPG)の2021年1月積み対日輸出価格を前月比2割前後引き上げると通知した。プロパンの引き上げは4カ月連続で1年ぶり高値となる。原油相場の上昇や暖房用需要の増加を見込んだ。

新価格は、暖房や煮炊きに使うプロパンが20年12月比100ドル(22%)高い1トン550ドル。工業用途が多いブタンは同70ドル(15%)高い1トン530ドル。ブタン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り228文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン