/

この記事は会員限定です

金、アジア実需に勢い戻る 価格下落で宝飾品用に買い

インドの金輸入急増 投資マネーの市場流出を補う

[有料会員限定]

宝飾品用の金の消費国であるインドや中国などアジアの需要回復に勢いが出てきた。新型コロナウイルス禍で2020年の宝飾用需要は過去最低水準となったが、昨年後半以降の金価格の下落やワクチンの開発、経済再開などを受けて需要が戻った。落ち込んでいたインドの金輸入は足元で急激に増加。金市場から投資マネーが流出した影響を一部相殺している。

宝飾用の金需要はコロナ禍で大きく落ち込んだものの、平時は世界の金の年間需...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り890文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン