/

この記事は会員限定です

鋼材の流通市場、「需要欠く値上がり」に警戒感

減産・輸入減で薄板12年ぶり高値も… 尽きぬ反動への不安

[有料会員限定]

自動車や家電に使う薄鋼板(薄板)やビルの柱・梁(はり)になるH形鋼など鋼材の一般流通市場で「需要を欠く値上がり」が続いている。足元の価格上昇はメーカーの減産に伴う在庫減と原料高によるメーカー値上げが流通市場に浸透する構図だ。最終需要は盛り上がりを欠いたままとの指摘が多く、今後の反動安への警戒感は根強い。

「(供給側から見れば)これほど値上げの条件がそろったことはない」。鉄鋼業界に長年身を置いてきた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り892文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン