/

この記事は会員限定です

転職時給与、アジアで上昇鈍化 コロナで高額提示減る

[有料会員限定]

アジアの転職市場で、高い上昇率が続いてきた採用時給与の伸びが鈍化している。人材紹介大手ジェイエイシーリクルートメントによると、シンガポールや中国など日本を含むアジア9カ国の転職時給与の2020年の平均伸び率は前年比3.4%。19年の6.1%から2.7ポイント落ち込んだ。

新型コロナウイルス禍で採用活動を縮小する企業が増加。高額提示による採用競争がやや落ち着いた。

各国で日系企業、欧米系企業を中心に中途採用の求人票の給与をまとめ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り277文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン