/

この記事は会員限定です

ゴルフ場が入会費用下げ コロナで苦境、会員若返り狙う

(更新) [有料会員限定]

ゴルフ場の間で、会員権の購入者がゴルフ場の入会に必要な「入会預託金」や「名義変更料」を引き下げる動きが目立ってきた。入会時の負担を抑え、会員の若返りも含めてプレー層の裾野を広げる。一方、当面の収益改善のため、年会費を値上げするゴルフ場もある。

「ゴルフ会員権を買うハードルを少しでも下げたい」。創業66年の歴史を持つ相模原ゴルフクラブ(相模原市)の鳴沢隆理事長は話す。

2020年12月申し込み分から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り917文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン