/

この記事は会員限定です

21年産コメに値下がり観測 備蓄米の落札額、大幅安に

卸は買い契約に慎重

[有料会員限定]

2021年秋収穫のコメ価格について、コメ卸やJAなどの間で値下がり観測が強まっている。政府による備蓄米買い入れの入札は今後の民間取引価格の安さを見越し、かつてなく激しい応札競争になるとともに落札価格も大幅に下がった。6年ぶりに卸値が下落した20年産から2年連続となる値下がりを前提とした神経戦が早くも始まっている。

「落札しようとしたが、競争が激しく落とせなかった」。新潟県のある大規模農家は1月に実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1121文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン