/

この記事は会員限定です

クジラ、新料理続々 商業捕鯨3年目  

ジェラートにウニ巻き… 山口県で80店フェア

[有料会員限定]

商業捕鯨を再開してから今年で3年目。日本海域でとれた鯨肉を使ったメニューが続々と誕生している。クジラの最高級部位「尾の身」の刺し身で生ウニを巻いた前菜、皮から搾った鯨油のミルクジェラート……。捕鯨船の母港がある山口県では拡販イベントが始動。県内の飲食店約80店が新作料理で腕を競う。

「クジラの舌、さえずりを12時間煮込んだタンシチューです」。イタリア料理店、築地ボン・マルシェ(東京・中央)では今冬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1045文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン