/

この記事は会員限定です

画像センサー値下がり続く 1~3月3%安 価格競争激化

[有料会員限定]

スマートフォンのカメラに搭載する画像センサー価格の下落が続いている。指標品の1~3月期の大口取引価格は、2020年10~12月期に比べ3%ほど安くなった。米中貿易摩擦をきっかけに価格競争が激しくなっており、3四半期連続で下落した。

CMOS(相補性金属酸化膜半導体)イメージセンサーの1~3月期の価格は、代表的な1300万画素(センサーの大きさ3分の1インチ)の大口需要家向け低価格品で、1個1.55...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り363文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン