/

大坂が全仏棄権「大会邪魔したくない」 うつ症状告白

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
全仏オープンを棄権すると自らのSNSで発表した大坂なおみ=AP

テニスの大坂なおみ(日清食品)が31日、四大大会第2戦、全仏オープンの2回戦を棄権すると自らのSNS(交流サイト)で発表した。「数日前、(記者会見をしないという)発表をしたときは、こんな状況を想像していなかった。大会、ほかの選手、私の健康のためにも棄権が最良の選択だと思う。大会を邪魔する要因になりたくはない」とした。

大坂は30日の1回戦勝利後、記者会見を拒否し、1万5000ドル(約165万円)の罰金を科せられた。さらに、すべての四大大会主催者から連名で「(今後も記者会見に応じない場合は)全仏の失格、他の四大大会出場停止などにもつながりかねない」と警告されていた。

大坂なおみは自身のツイッターで全仏オープンの棄権を表明した

大坂が発表した声明によると、2018年の全米オープンで四大大会初優勝してから、「うつの症状に悩まされていた。公に話すのがもともと得意なタイプではなく、世界のメディアを前に話すのに大きな不安を持つようになっていた」という。今年の全仏前は気持ち的にもろくなっていたため、「いくつかのルールは時代遅れだと思い、それを強調する」ためにも、「メンタルヘルスに配慮がない」などを理由に記者会見をしない発表をしたという。

20年全米で「BLM(黒人の命も大事だ)」活動にコメントをするようになり、記者会見での注目度は高まる一方。全仏はもともと苦手意識のあるクレーコートの大会で、前哨戦の内容も芳しくはなく、精神的に参っていた状態だった。前もって言っておいたほうがいいだろうと思ってしたことが、ほぼ全ての選手が否定的な見解を述べ、四大大会の全主催者が連名で警告を出すほどの大騒ぎになるとは、大坂にとって計算外だったのかもしれない。戦うどころか、誰とも冷静に話し合える状態でなくなり、棄権を決めたと思われる。

大会主催者には個人的に謝罪の手紙を書き、全仏が終わり、落ち着いた後、ツアーの主催者たちとしっかり話し合いたいと伝えたという。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン