/

レジャー合宿報道受け謝罪 日本フェンシング協会

日本フェンシング協会は30日、6月に沖縄県で行われた男女エペ日本代表の合宿で、参加選手らが連日レジャーに興じたなどと週刊誌に報じられたことを受け「皆さまのご理解をいただけるとは言い難い合宿運用が行われていたことを深くおわび申し上げます」との謝罪文を公表した。

合宿は6月18~25日に実施。一部週刊誌で、海などでのレジャー中心の内容だったと報じられた。同協会は報道を受け関係者に事実を確認。広報によると、事前の合宿計画から大幅な変更があったが、担当コーチから強化本部に伝わっていなかった。謝罪文では「変更後の内容は当初提出されていた合宿の目的を達成すると判断し難いものだった」と説明した。

通常は合宿費の一部に各種の助成金が充てられることから、同協会は「活動実績が助成金申請に適する内容であるのかの精査を改めて義務化、徹底します。透明性を担保し、健全な運用をはかるべく指導を徹底してまいります」とした。

男子エペは昨夏の東京五輪の団体で日本フェンシング初の金メダルを獲得した。

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン