/

この記事は会員限定です

史上初トランスジェンダー選手が問いかける五輪の未来

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

2日に行われる重量挙げ女子で、五輪史上初めてトランスジェンダーを公表した選手が出場する。87キロ超級のニュージーランド(NZ)代表ローレル・ハバード(43)はかつて男子選手として競技をしていたが、性別適合手術を経て女子に転向した。LGBTQ(性的少数者)を公表している選手が160人以上参加しているという今大会を象徴する一人だが、ライバル選手からは不満の声も上がる。国際的に自認する性を尊重する考えが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2114文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン