/

この記事は会員限定です

心に響くコーチングがあるとしたら(三浦知良)

[有料会員限定]

ハットトリックを決めた試合で、出迎える監督の一言が「おまえは得点王になりたくないのか?」だったことがある。「きょうだったら6点は取れたぞ」と。この憎たらしい監督に負けてたまるかと、良くも悪くも、仲間ともども闘争心をかき立てられたものだった。

練習メニューが選手を飽きさせない、テンポもいい、その人の人間性も表れる。そういうコーチの下だと選手はグッと乗っていける。概していいコーチは、やろうとすること...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り784文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

サッカー人として

「カズ」ことサッカー元日本代表の三浦知良選手の連載コラムです。JFLの鈴鹿ポイントゲッターズで現役選手として活躍しているキングカズが感じたこと、日本代表や日本サッカーの在り方について考えたことをつづります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン