/

大谷にマルティネス賞 最も活躍したDH、日本選手初

【ニューヨーク=共同】米大リーグ機構(MLB)は29日、今季最も活躍した指名打者(DH)に贈られる「エドガー・マルティネス賞」にエンゼルスの大谷翔平(27)を選出したと発表した。1973年から表彰が始まった同賞に日本選手が選ばれるのは初めてで、ア・リーグ最優秀選手(MVP)との同時受賞は史上初。

先発投手との投打の「二刀流」で歴史的なシーズンを送った大谷は今季、打者で155試合に出場し、打率2割5分7厘、リーグ3位の46本塁打、100打点、26盗塁の好成績を残した。

MLBや全米野球記者協会などが選出する今季の主な賞の発表はこれが最後。大谷は満票で選ばれたリーグMVPをはじめ、選手会の年間最優秀選手とア・リーグ最優秀野手、コミッショナー特別表彰、打撃のベストナインに相当するシルバースラッガー賞、オールMLBチームなど多くの栄誉に輝いた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン