/

この記事は会員限定です

レジェンド誕生 川崎と一緒に大きくなった中村憲剛

J1川崎 盟主の肖像(2)

[有料会員限定]

「見てほしい学生がいます」。2002年6月、川崎フロンターレの強化担当の庄子春男(現エグゼクティブアドバイザー)に一本の電話があった。電話をかけてきた佐藤健とは、高校時代に宮城県選抜で一緒にプレーした間柄。佐藤は関東大学リーグ2部の中大のコーチになっていた。

当時J2だった川崎の練習場にやって来たその学生は、庄子のみるところ「線は細いがキックの筋がいい」。それが中村憲剛だった。翌年の新人候補は別に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1776文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン