/

ラグビー日本、健闘の豪州戦 データで浮かんだ課題

勝てる試合を落とした。それとも、この数字ではやむを得ないというべきか。ラグビー日本代表は10月23日のオーストラリア戦で23-32と敗れた。世界ランキング3位の相手との過去の対戦成績や、3カ月半ぶりの実戦という状況を考えると悪くはないように映る。ただ、データをみると日本の不出来を表す数字が多い。豪州のしたたかさも浮かび上がってくる。

「色々な数字がワールドカップ(W杯)からの試合で一番悪かった」。強化を担当する藤井雄一郎ディレクターは豪州戦を総括した。どんな項目に問題があったのか。2019年W杯の5試合とそれ以降の3試合について、米スポーツ専門局ESPNのウェブサイトのデータ(全英・アイルランド代表ライオンズ戦のみ同チームのホームページ)で比較してみる。計8試合の数字をみると、7つ以上の項目で豪州戦は確かに「最悪」だった。

勝敗に直結した数字の一つが、防御ラインを完全に崩した回数を示すクリーンブレイクである。多ければ得点機が増え、陣地獲得でも有利。日本が勝った試合はほとんどこの数値で相手を上回る。しかし、豪州戦はわずか3回。豪州の9回や過去の平均9.6回を大幅に下回った。リーチ・マイケル(BL東京)が「アタックでは世界一」と胸を張る日本にとって珍しい事態である。

チャンスが少なかった最大の要因は、こちらもワーストとなったボール保持率だろう。ここまでの7戦中6戦で50%以上を維持していたが、豪州戦は41%にとどまった。高ければ高いほどいいわけではないが、あまりに攻める時間が短い。

ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は「規律が悪かった」と嘆いた。日本の反則(ペナルティー)数は13。過去の平均8.9より大幅に増え、この8試合で2番目に多かった。この格の相手に勝つには1桁に減らしたいところ。ただ、豪州も11(日本ラグビー協会の記録は10)の反則を犯しており、致命的な差はない。

データには表れていないが、キックの後になかなかボールを取り返せなかったことは痛かった。ジョセフHC就任後の日本は多彩な戦術を使い分けるが、この試合はパスよりもキック、特に高く蹴り上げるハイパントを中心に攻めた。

SH流大(東京SG)らのキックの精度は低くなかった。空中で競り合えるか、捕球直後の相手にタックルに入れる位置に落とした回数は、ハイパント12本のうち10本を数える。WTBレメキ・ロマノ・ラバ(東葛)が競り勝ってキャッチしたり、フランカーのベン・ガンター(埼玉)が捕球した相手からジャッカルしたりする場面もあった。しかし、その他の場面ではほとんどが相手の攻撃につながっている。

カギはグレーゾーンの動きにある。日本の選手がキックを追うコースに体を入れて妨害する「エスコート」というプレーを相手は巧みに使っている。落下地点の前で2人掛かりでブロックするなど、反則になりそうなプレーも多かった。こうしたプレーを見逃す主審の傾向を知ってか、豪州はハイパントをあまり使っていない。日本も主審にアピールしたり、試合中にキックの種類を変えるなどの対応が必要だったかもしれない。

他にもデータに表れない分岐点があった。日本がゴール前で2度組んだモールが崩壊、トライを奪えず相手ボールでの再開となった。豪州は4人が下でしっかり押し戻す体勢を取っていたが「敗因」はそれだけではない。マイケル・フーパー主将らがモールのできる前に日本側に回り込み、参加する選手の邪魔をしている。こちらも反則ではないが微妙な動き。相手は清濁併せたプレーで日本への対策を練っていた。

日本のボール保持時間が短かった別の要因が、ボールを失う「ターンオーバー」の数である。日本の14度は悪くないが、対戦相手が犯したターンオーバーは過去最少タイの11度だった。タックル成功率は過去2番目に低かったとはいえ、86.8%とまずまず。CTB中村亮土(東京SG)のパスカットからのトライなど効果的なプレーもあった。しかし、全体的にボールを取り返すことには手間取った。

ボール保持率以外にも、日本のチャンスが少なかった要因はある。対戦相手のタックル成功率は、過去の平均85%を大きく上回る95%。豪州のタックルをうまく外せなかった理由は、キック戦術の成否に加えてもう一つ考えられる。両WTBとFBで組むバックスリーのトラブルである。

後半8分にFBセミシ・マシレワ(花園)が負傷交代。代役として松田力也(埼玉)がSOから移動した。同時にWTBレメキが危険なプレーで一時退場。10分後、ピッチに入ったのはレメキでなくCTBディラン・ライリー(埼玉)だった。後半はほとんどの時間で本職のバックスリーが1人しかいない。連係やスピードが低下する結果になった。

日本はW杯5試合でバックスリーの控えを置いていたが、今年はゼロ。代わりに手厚くしたベンチのフォワードやSO、CTBが活躍した場面もあり、悪手とはいえない。ただ、7月のアイルランド戦でも同じ時間帯にFB松島幸太朗(クレルモン)が負傷、攻め手が減った。6日からの欧州遠征3試合ではメンバー37人のうちバックスリーが8人いる。ベンチ組も含めてどういう顔ぶれを選ぶかが注目される。

もちろん豪州戦で日本が良かった面もある。少ないチャンスの中での23点は効率的に得点できたといえる。松田のキックパスからレメキが決めたトライは理想的な形だった。この直前、連続攻撃で相手をフィールドの片側に集めたことが奏功した。

テンポのいい球出しをもたらしたのはブレイクダウン(タックル後のボール争奪戦)での健闘だった。主審の笛の傾向もあり、ブレイクダウンでの反則は日本8、豪州9とどちらも多め。ラックの成功率も互いに低くなったが、豪州の93%に対し、日本は91%と大差はない。日本がジャッカルでボールを奪った回数はW杯のサモア戦と並ぶ最多の5回を数えた。「ブレイクダウンに注力して日本の攻撃を遅らせる」。試合前日、豪州のデーブ・レニー監督は宣言していたが、相手の得意分野で日本はほぼ互角に渡り合った。

全体的なデータをみれば確かに豪州戦は悪い。ラインアウト、スクラムの劣勢も改善が必要だ。ただ、うかつな反則やグレーゾーンのプレーなど、ちょっとした意識の違いで変わる場面も多かった。特にブレイクダウンの反則8度のうち、少なくとも4度は防げるものだった。味方の横から入る、相手がいないのに自分から倒れ込む……。「ブレイクダウンでは主審に対応して、正確な判断をすることが必要」とジョセフHC。それができればボールの保持率もチャンスの数もおのずと増える。

「試合勘がないといえばそれまでだが、直せる部分の課題。チームとしていい方向に向かってるんじゃないか」。藤井ディレクターも手応えを口にする。6日からは正念場となる欧州での3連戦。新型コロナウイルス禍による活動中断があったとはいえ日本は2年間、勝利から遠ざかる。強豪が相手でもそろそろ勝つ必要があるし、それができる力はある。

(谷口誠)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン