/

この記事は会員限定です

多田、ライバル慌てさせた前半の加速…高平慎士(陸上)

[有料会員限定]

日本選手権は4日間通してテレビ解説を務めた。やはり代表選考会がつくり出す空気は独特で、予選から緊張したと語る選手が多かった。1年の五輪延期が明暗を分けた選手もいて、調子を合わせる難しさを感じる大会でもあった。

男子100㍍は自分のプランを遂行できたかどうかが勝負を分けた。初優勝した多田修平(住友電工)は得意のスタートが決まり、30~40㍍地点で先行。最高速度に到達する前段階で周囲に「早めに捉えな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り743文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン