/

この記事は会員限定です

ウルフ、死闘制して金 「泥臭い柔道」を貫く

(更新) [有料会員限定]

渾身(こんしん)の大内刈りで趙グハムについに引導を渡した。死闘を制し、日本代表監督の井上康生が勝って以来、遠のいていた100キロ級の覇権を奪回。大きなガッツポーズの後、男泣きに泣いた。

「僕の持ち味はああいう泥臭い柔道」と胸を張る。2019年12月に痛め、半月板の一部を切除した右膝の回復が実は遅れていた。前日に痛み止めの注射を打つほどの「よくない状態」。しかも決勝の畳には過去0勝1敗で、かねて苦手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り828文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン