/

この記事は会員限定です

卓球・伊藤、天敵に完敗「これが実力」 五輪3位決定戦へ

[有料会員限定]

3日前の混合ダブルスで日本卓球界初の金メダリストとなり、シングルスでも右肩上がりに調子を上げていた伊藤の快進撃がついに止まった。同じ20歳のライバル孫穎莎の強打に屈してストレート負け。「やっていることは悪くなかったが、0-4で惜しくもなかった。これが実力」と涙目で完敗を認めた。

正確無比な上、全身をバネのようにして男子顔負けのドライブを打ち込んでくる孫は伊藤の卓球人生において特別な存在だ。シニアで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り706文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン