/

この記事は会員限定です

井上尚弥戦、PPV配信に勝算 「ひかりTV」社長に聞く

[有料会員限定]

14日に行われる世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級王者、井上尚弥(大橋)の2年ぶりの国内試合は、ネットでライブ配信される。テレビ地上波の生中継がないだけでなく、番組視聴ごとに課金する「ペイ・パー・ビュー(PPV)」が採用されたことにも驚きの声がある。試合を配信する「ひかりTV」を運営するNTTぷらら(東京・豊島)の永田勝美社長に、配信の狙いや今後の取り組みを聞いた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1040文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン