/

この記事は会員限定です

両足義足で金メダルの衝撃 パラ種目のあり方に一石

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

22の競技がある東京大会で、最多の167種目でメダルを争っているのが陸上だ。障害の程度によって細かくクラス分けするからどうしても種目の数が増える。

選手のクラスは数字で表され、その数字が小さいほど障害の程度は重い。そうした前置きがあるから、28日にあった男女の走り幅跳びで小さくない衝撃を受けた。

T64クラスの女子走り幅跳びには「64」の選手に加え、単体では種目が実施されない「62」の選手も出場し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り493文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン