/

大坂選手が共同オーナーに 米女子プロサッカー

(更新)
 大坂なおみ選手(AP=共同)

女子テニスの元世界ランキング1位、大坂なおみ選手(日清食品)がサッカー米女子プロリーグNWSL覇者のカレッジに投資し、共同オーナーに就任した。チームが28日に発表し、大坂選手も自身のツイッターで公表した。

大坂選手はクラブを通じ「私のカレッジへの投資はただチームのオーナーとなるだけにとどまらず、彼女たちの分野の模範かつリーダーであり、全ての若い女性アスリートに刺激を与える素晴らしい女性たちへの投資」と談話を出した。

南部ノースカロライナ州に本拠を置くカレッジは2018年シーズンから2連覇を達成(昨季は新型コロナウイルスの影響で中止)。筆頭オーナーのスティーブ・マリク会長は「なおみをオーナーに迎えられて身の引き締まる思いだ」と歓迎した。

NWSLではともに元日本代表の川澄奈穂美(スカイブルー)や横山久美(スピリット)がプレーしている。(共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン