/

不振バルサ、クーマン監督解任 バルジュアン氏暫定指揮

【ボーフム(ドイツ)=共同】サッカーのスペイン1部リーグのバルセロナは28日までに、クーマン監督(58)の解任を発表した。27日のリーグ戦でラヨ・バリェカノに0-1で敗れたことを受け、ラポルタ会長が本人に通告したという。スペイン・メディアによると、後任にはOBで元同国代表MFのシャビ氏(41)の名が挙がっている。

元オランダ代表DFで現役時代にバルセロナでも活躍したクーマン氏は昨季、監督に就任。1季目はリーグ戦3位で終えた。スーパースターのアルゼンチン代表FWメッシが退団して迎えた今季は開幕から不振が続き、24日にホームで行われた宿敵レアル・マドリードとの伝統の一戦「クラシコ」にも1-2で敗れ、4勝3分け3敗の9位(27日時点)と低迷している。当面は、Bチームの監督を務めるセルジ・バルジュアン氏が暫定的にトップチームを率いる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン