/

この記事は会員限定です

バドミントン桃田が敗退 「どうしていいかわからず」

[有料会員限定]

東京五輪第6日の28日、バドミントンは1次リーグ最終戦を行い、男子第1シードの桃田賢斗(NTT東日本)が敗退する波乱があった。韓国選手に0-2で敗れて決勝トーナメントに進めなかった。

試合後の桃田はぼうぜんとした表情で「気持ちが引いてしまったというか。自信をもってプレーできなかった」。第1ゲームに連続失点してリズムが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り153文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン