/

この記事は会員限定です

「好きこそものの上手なれ」 競技への愛着が生む効力

[有料会員限定]

ソフトボールで金メダルに輝いた日本チームの記者会見を聞きながら、純粋に「投げることが好き」といえる上野由岐子(ビックカメラ高崎)をうらやましく思った。五輪競技から外れ、引退を考え、大きなケガもした。つらい日々があったことは想像に難くないが、それでも「ソフトボールが好き」という根っこはいつまでも変わらない。

あの重圧がかかった米国との決勝の先発マウンドでさえ「自分のボールで強打者を抑える面白さ、投げ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り602文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン