/

この記事は会員限定です

16分の死闘制して頂点へ 柔道・新井、気迫みなぎる金

(更新) [有料会員限定]

大願が成就すると、世界大会で勝っても負けても涙しがちな新井の顔から、笑みがこぼれた。一時は嫌気が差した柔道を、心底楽しそうにやっていた。

世界選手権3位のポレレスから開始1分8秒の小外刈りで技ありを奪った決勝戦。「まだ技あり。一本を取りにいこう」と新井はネジがはずれたからくり人形のように攻め続けた。目の前に金メダルがぶら下がっているのに「いざ、勝負」とばかり内股をしかけ、返しの裏投げの危機にもさら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り794文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン