/

この記事は会員限定です

サッカー代表戦「地上波なし」 配信依存にリスクも

電通元役員が指摘

(更新) [有料会員限定]

サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会、アジア最終予選のアウェーの日本戦で地上波中継がなくなったことが波紋を広げている。7日のサウジアラビア戦(ジッダ)など全5試合は動画配信のDAZN(ダゾーン)が独占中継している。スポーツの放映権事情に詳しい元電通上席常務執行役員の鶴田友晴氏は「競技の普及に大きな問題」と警鐘を鳴らす。

これまでも赤字で中継していた代表戦

最終予選は従来、テレビ朝日が地上波で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1207文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン