/

この記事は会員限定です

いつ止まり、いつ走るか(三浦知良)

[有料会員限定]

自分の人生を変えたサッカーがあるとすれば、それは黄金のカルテットで知られるワールドカップ(W杯)1982年大会のブラジル代表だったように思う。

当時15歳の僕には、ディフェンダーはディフェンスをする人という固定観念があったのだけど、あのセレソンのレアンドロはSBであってSBをしていない。GKペレスと2人のCB以外は、みんなFWかのように振る舞う。予想もつかないところから始まるパス、ドリブル、攻撃。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り707文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン