/

この記事は会員限定です

広島の逆襲 起点は扇の要、打てる捕手から

編集委員 篠山正幸 

[有料会員限定]

捕手は守れさえすればいい、という時代ではない。何年も続けて優勝争いにからめるチームづくりのためには、打てる捕手が必須だ。その点、今もっとも人材がそろい、潜在能力の高いチームは広島ではないだろうか。

古田とヤクルト、阿部と巨人…、打てる捕手がいるチームは最強?

28日の中日戦、血栓症の手術から復帰してきた野村祐輔が6回3安打無失点に抑えた。0-0の引き分けに終わり、勝ち星こそつかなかったものの、5年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1673文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン