/

この記事は会員限定です

スポーツの公平性と多様性 勝負を楽しむ新たな価値観を

[有料会員限定]

日本ライフル射撃協会が開催したビームライフル・ビームピストルのスポーツ射撃体験会を取材した。いわゆる光線銃。資格や免許は必要なく、誰でも安全に射撃を楽しめる。とはいえ、形や重さは本物とほぼ同じ。国体でも少年種目として実施されている。

体験会には日本パラリンピック委員会(JPC)の河合純一委員長(47)も参加した。河合氏は全盲だが、ヘッドホンをつけてライフルを構えると音が聞こえ、狙いが正しいか否か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1021文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン