/

この記事は会員限定です

「教えず支える」 大阪桐蔭野球部ベテラン部長の信念

大阪桐蔭 甲子園の雄へ(3)

[有料会員限定]

1998年秋、大阪桐蔭高野球部は監督に西谷浩一、部長に有友茂史が就任した。ナンバー2の立場の有友は「高校野球は監督と部員たちのもの」と一歩引いた立ち位置から、みんなが心地よく練習できる雰囲気づくりに徹してきた。

現在57歳の有友が5歳年上で、大阪桐蔭での指導歴も長い。天理高(奈良)、天理大を経て、89年に大阪桐蔭のコーチになった。93年に西谷がコーチになる前の91年夏の甲子園初優勝を、有友はコー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1804文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン