/

この記事は会員限定です

東京オリパラ、予算内に収まったが…投資としての評価は

編集委員 北川和徳

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピックの開催経費が現時点で総額1兆4530億円と見積もられ、これまでの1兆6440億円の予算計画から1910億円減となることが発表された。原則として民間資金で賄われる大会組織委員会も赤字にはならず、東京都や国の追加の公費による負担はないという。

無観客になったことなどで経費が減ったからとされるが、釈然としない。組織委はチケット収入896億円を失い、経費減だけでは埋められなかった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り812文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン