/

この記事は会員限定です

笹生も続けるか フィリピン初の金メダリスト誕生

[有料会員限定]

2021年はフィリピンスポーツ史に残る1年となりそうだ。日本とフィリピンの国籍を持つ、ゴルフの笹生優花が全米女子オープンで優勝。そして26日、東京五輪重量挙げ女子55キロ級でヒディリン・ディアスが224キロの五輪記録を出し、金メダルを獲得した。1924年パリ五輪に参戦して以来、同国史上初の金メダルだ。

「(故郷の)サンボアンガとフィリピンの人はすごく喜んでくれていると思う。パンデミックのさなか、練...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り685文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン