/

この記事は会員限定です

張本4回戦敗退 相手の強打止めきれず逆転負け

[有料会員限定]

日本男子のエースとして挑んだ張本の初めての五輪シングルスは、わずか2試合目で終わった。シード選手を破って勝ち上がってきたヨルギッチの強烈なバックハンドを最後まで止められずに逆転負け。「今やれることは出し切った。相手が強かった」。敗退の瞬間は大きく落胆する様子も見せず、淡々とコートを去った。

ベンチの倉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り147文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン