/

この記事は会員限定です

サーフィン五十嵐、悔しい「銀」 決勝で作戦ミス

[有料会員限定]

大量リードで優勝を確信したフェヘイラが残り2分でガッツポーズし、早々とビーチにボードを向けた。合図が鳴り、肩車される初代チャンピオン。その光景から距離を取るように、五十嵐カノアは約2分間、誰もいない海に自らの体を預けて漂った。

「大切なファイナルで作戦が合っていなかった。自分にチャンスを与えられず悔しい」。台風の影響で崩れやすく、次々と表情を変えた決勝の波に対し、35分間でほとんど技を出せない。攻...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り680文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン