/

この記事は会員限定です

「国際大会」なきフィギュア 海外勢との距離は

コロナ下の冬季競技㊥

[有料会員限定]

「演技自体は見ていないですけど、私も目標としているフリー160点台だとか、もっともっと高い点数の選手もいて。すごい刺激になりました」。2020年12月に開催されたフィギュアスケートの全日本選手権。4回転サルコーを初めて成功させて女子シングルを連覇した紀平梨花(トヨタ自動車)は優勝後の記者会見で、同時期に開催されていたロシア選手権への感想を口にした。

北京五輪で表彰台を争うことになるであろうロシア勢...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り905文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン