/

決勝審判から実況アナに転身 休日は趣味でコスプレ

私にとって〝聖地〟の園田競馬場に行けたことがうれしかった

筆者は5月に重賞レースの取材のため、兵庫・園田競馬場へ行きました。地方競馬の馬券をインターネットで楽しむようになって約10年、関東出身の私にとってはネットの向こうの〝聖地〟。無観客開催に加えて取材制限も厳しく、ただレースを見て、勝利者インタビューを聞いて、会社に戻るだけだったのですが、それでも競馬場に行けたことがうれしかった一日でした。

地方競馬ファンの中には、実況音声を聴いただけで、どこの競馬場のアナウンサーかがわかる、という人もいると思います。今回は園田・姫路で実況を担当するアナウンサーのうち、最も若い鈴木セイヤ・アナウンサーにリモートで話を聞きました。

レジェンドからの熱いラブコール

鈴木さんの本名は「誠也」。プロ野球広島の主力打者と同姓同名です。大阪で舞台関係の仕事などをしている最中、偶然知った兵庫県競馬組合の求人に応募し、着順判定などを担う決勝審判補助の仕事に就きました。組合入りから約2年が過ぎたある日、鈴木さんは審判放送で使うマイクのチェックをしていました。

「君は良い声をしている。実況をやってみないか?」

偶然、鈴木さんの声を聞いてラブコールを送ったのは、2020年1月まで60年以上にわたって競馬実況を務めたレジェンド・吉田勝彦さんでした。当時の園田競馬場はスタンド工事の関係で鈴木さんの業務エリアと実況席が近いところにあり、吉田さんは熱心に鈴木さんを口説き続けました。時にはレース発走の直前まで、実況の魅力などを熱く語られたそうです。

その吉田さんが実況を引退した2カ月後、鈴木さんはアナウンサーに〝場内転職〟します。まずは、競馬場内やネット中継などで放送されるパドック解説、レース展望番組の進行から始め、11月のレースで実況デビューを果たしました。

兵庫県競馬の鈴木セイヤ・アナウンサー

「経験したことがないくらい、双眼鏡が震えました」

そんな鈴木さんが将来実況してみたいレースは、3歳馬の頂点を争う「兵庫ダービー」。全国各地の地方競馬で行われる3歳馬の頂点をまとめた「ダービーシリーズ」に組み込まれ、全国からの注目度も高いレース。決勝審判のころから毎年、独特な緊張感のある雰囲気を感じていたそうで、アナウンサーになった昨年は、実況を担当した三宅きみひとアナウンサーの緊張した表情を見て、思いを新たにしたそうです。

鈴木さんは昨年まで、中央競馬の阪神・京都競馬場でもビギナーズセミナーの講師を担当していました。現在、セミナーは新型コロナウイルスの影響で休止中ですが、再開したらまた講師を担当したい、と思っているそうです。

「ビギナーズセミナーは9割くらいがキャリアのない人が参加しています。たまに上級者のような質問が飛んでくることがあって、(前職で経験していた)写真判定の話を聞かれることもありました。ビギナーズセミナーなのに、ビッグレースを勝った経験のある馬主さんが交じっていたこともあって、私の話を面白い、と言ってくれたこともありましたね(笑)」

鈴木アナウンサーの趣味は、なんとコスプレ。実況にいそしむ様子からは想像もつきませんが、撮影された写真はとてもかっこいいです。「最初は大阪で舞台役者をやっている知人に誘われました。9年ほど前にインターネットで知り合って、大阪のイベントを見にいったのがきっかけでした。私の目と鼻筋を見た人が『コスプレをやったら映えるよ』と言って、メイクをしてもらい仕上がった様子を見て、一気にハマりました。それで大阪、兵庫、京都を中心にしたイベントに参加するようになりました。ちょうど出身地の静岡を離れて違うところで頑張ってみたいと思っていたところで、大阪に越す決心がつきました」

鈴木アナウンサーのコスプレ姿

コスプレをきっかけにして関西に居を移した鈴木さんは、舞台関係の仕事で知り合った人から兵庫県競馬組合の求人を知り、決勝審判補助の仕事に就き、さらに偶然が重なって実況アナウンサーへの転身を果たしたわけです。

一流厩舎のすごみ、新人騎手の輝き

そんな鈴木さんに注目している兵庫県競馬の調教師や騎手について聞きました。

「新子雅司調教師ですね。中央競馬から移籍して重賞を8勝したタガノゴールドを始め、ガラッと変わった馬を見るとすごいな、と思います。ビッグレースに照準を合わせてきっちりと勝つ、新子厩舎にいる厩務員もすごいですね」

新子厩舎からは今春、18歳の新人女性騎手、佐々木世麗騎手がデビューしました。

「同じ厩舎に所属する先輩の笹田知宏騎手や、いろんな先輩のアドバイスがあるようです。佐々木騎手だけでなく、同期の大山龍太郎、長尾翼玖騎手も冷静だし、センスの塊だと思います。新人騎手は皆、勝負勘に優れていますね」

園田競馬は毎週3~4日間の開催があり、この時期は金曜日にナイター競馬が行われています。

「金曜ナイターは8時半までレースをやっているので、仕事終わりの人にもぜひ見てほしいです。ネットライブや競馬場内で流れているパドック解説や、前日に放映しているレース展望番組も役に立つ情報があるので、ぜひ聴いてほしいと思っています。園田は馬の力差がなくて、混戦が続くメンバー構成ですし、初めて参加する人も大きな配当を手にできるかもしれません」

(ラジオNIKKEIアナウンサー 山本直)

各アナウンサーが出演、ラジオNIKKEIの競馬番組はこちらでチェック! http://www.radionikkei.jp/keibaradio2/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン