/

英乃海は出場停止1場所、紫雷はけん責 違法賭博 

日本相撲協会は27日、東京都内で理事会を開き、賭博容疑で埼玉県警に書類送検された幕内英乃海に出場停止1場所と報酬減額20%(2カ月)、十両紫雷にけん責の処分を科すと発表した。両力士は師匠の木瀬親方(元幕内肥後ノ海)の判断で今月の大相撲初場所を謹慎で休場しており、英乃海は3月の春場所から出場できる。

同協会のコンプライアンス委員会によると、2人は昨年7月と8月の2回、埼玉県草加市の違法スロット店で賭博を行った。同委員会は英乃海について「違法だと認識しながら行為に及んでおり悪質」と指摘する一方、賭け金が合計10万円に満たず常習性も認められないとして出場停止1場所が相当と判断した。

紫雷については当時付け人として英乃海に同行した事情を考慮。新十両だった初場所を休場したため幕下陥落が確実で、すでに社会的制裁も受けているとした。監督責任を問われた木瀬親方は八角理事長(元横綱北勝海)から厳重注意を受けた。

角界では元大関朝乃山ら、新型コロナウイルス感染対策ガイドラインに違反した力士が複数場所の出場停止となっている。処分の差について同協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「(コロナ禍の無断外出は)感染して他の力士の生命を脅かしたかもしれず、本場所が中止になったかもしれない。今回の違法賭博は周囲への影響はない」と説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン