/

この記事は会員限定です

ヤクルト、延長十二回代打川端が決勝打 「最高の結果」

[有料会員限定]

チャンスはつくれども本塁が遠かったヤクルト。あと1人凡退すれば試合の勝ちがなくなるという延長十二回2死一塁、高津監督は大事に残していた代打・川端というカードを切った。

オリックス・伏見の捕逸で走者・塩見は二塁へ進塁、勝ち越し機となったことで打席の川端の集中力はさらに高まった。7球目のスライダーにバットを合わせると、前進守備を敷いていた左翼手の前に打球がぽとり。快足を飛ばした塩見がヘッドスライディ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り256文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン