/

この記事は会員限定です

ヤクルト、実った適材適所の投手起用 20年ぶり日本一

[有料会員限定]

気温7度と冷え込む中、試合時間は5時間を迎えようとしていた。延長十二回裏、二ゴロを処理した山田の送球が一塁・荒木のミットに収まると、ヤクルトナインが一斉にベンチから飛び出し、歓喜の輪ができた。

最後のマウンドを託されたのは、今季途中に中継ぎから抑えに転向したマクガフ。十回2死から登板すると、150キロを超える速球で相手打線を押し込んだ。十、十一回を無失点に抑え、味方が勝ち越したあとの十二回もマウン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り575文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン