/

鍵山2位・羽生3位 世界フィギュア、チェン3連覇

 男子フリー 演技する鍵山優真=ゲッティ共同

フィギュアスケートの世界選手権第4日は27日、ストックホルムで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位で初出場の17歳、鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)がフリーでも2位となり、合計291・77点で銀メダルを獲得した。

SP首位で4年ぶりの大会制覇を目指した羽生結弦(ANA)はジャンプのミスが相次ぎ、フリーで182・20点の4位にとどまり、合計289・18点で3位だった。

 男子で3位となった羽生結弦のフリー=ゲッティ共同

SP3位のネーサン・チェン(米国)がフリーで222・03点で1位となり、合計320・88点で3連覇を達成した。SP6位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は合計277・44点で4位だった。

3連覇を果たしたネーサン・チェンのフリー=ゲッティ共同

今大会は来年2月の北京冬季五輪の国・地域別出場枠が懸かっており、日本は上位2人の順位合計が「13」以内となり、最大の出場枠3を獲得した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン