/

この記事は会員限定です

大橋「まだ夢みたい」 競泳日本女子初の2冠

[有料会員限定]

金メダルという勲章がもたらす力を改めて思い知る。大会前は不安を隠しきれないでいた大橋悠依(イトマン東進)が、金メダルを手にした後の27日の準決勝後は「すごく気持ちに余裕がある」とまで発言するように。実力横一線のメンバーがそろい「すごい接戦になる」と予想していた200㍍個人メドレー決勝で、これ以上ない会心のレースをみせた。

平泳ぎを終えて150㍍を2位でターン。勝負のかかった最後の自由形は「勝っても...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン